読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーマリオメーカーがスーパー面白い

ゲーム

先週の木曜日に任天堂から発売されたスーパーマリオメーカー。自分は発売日に前日までの合宿の疲れでぼーっと過ごしていたのだが何やらネットは軽いお祭り状態になっていた。くそぅ羨ましい。ということで次の日朝一でTSUTAYAで買ってきました。

 

スーパーマリオメーカーとは

結構話題になっているので知っている人ばかりだと思うが軽く説明。このゲームは名前の通りスーパーマリオをメイク(作る)ことが出来るゲーム。ゲームで遊ぶのではなくゲームを作ることが目的となっている。作っているだけでもワクワクするような仕組みが豊富で本当に飽きない。

 

適当に置いているだけでも楽しい

ブロックを適当に持ちガーッと置いてすぐにテストプレイ!そこでピョンピョン動き回ることができるだけで超テンションあがります。ゲーム好きな人なら一度でも思ったことのあるであろうゲームを作りたいという願望をマリオで叶えることができるんですよ!ワクワクしないわけがない!

そして、真面目に作ろうと思うとこれがまた難しい。ここでジャンプさせて・・・このアイテムを使って・・・とか細かく考えていくと1つのコースを作るのに平気で1,2時間経過してる。それと、初代マリオブラザーズの1-1がいかによく作られているか実感する。

 

作るだけではなく遊ぶのも楽しい

 コースを作るアイデアがない!って時は10人マリオチャレンジという最初から収録されているコースで楽しむこともできる。さらに他の人が作ったステージにランダムで挑戦することのできる100人マリオチャレンジも存在する。前者で100コース程度。後者は世界中の人が作り続ける限り永遠と新しいコースで遊ぶことができる。人のコースからアイデアを得たりして自分のコースに活かしていけたりもできるので煮詰まった時こそ遊んでいきたい。

 

ちょっとした不満

今は全自動マリオと理不尽なほどに難しい鬼畜ステージが溢れている。100人マリオチャレンジの「むずかしい」モードを選択すると鬼畜ステージによる理不尽なコースでイライラがたまっていく。開発者もこれを見越してかパス機能が存在するのが唯一の救いだったりする。全自動マリオはすげーって思うものも多いんだけど、リフトに乗って移動しているとゴールみたいなものも存在していてそれは流石に楽しくない。

あとは みんなやっぱりコースを作ることにハマっているのだろう(当たり前だが)。運悪いと誰にも遊んでもらえてなかったりするのが相当悲しい。作ったからには遊んでもらいたい!新着とか注目とか機能はあるのだけどそこに乗れるのも一握りなんだよね。検索機能もIDでの検索しかないのでコースにタグをつける機能があったらいいのになーって思う。

 

最後に

最近まで夜更かしの原因はスプラトゥーンだったけどこれからはマリオメーカーのせいになりそう。そんなこんなで、数コース作ったので持ってる人は是非遊んでみてね!そしてイイネしてね!

/*目次 スムーズスクロール*/