読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ジャージー・ボーイズ』を観ました。

映画

 

f:id:sorena:20150806015543j:plain

 

あらすじ

ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、瞬く間にトップスターの座に就くが……。(シネマトゥデイ)

 

感想

ジャージー・ボーイズを観ました。

本当に最高。音楽も美しく映像も最高。さすがクリント・イーストウッド

 

正直言うと、FOUR SEASONSについては詳しくない。年齢的にもそこまで聞いてきたわけではないので思い入れというものは特にない。ただ「シェリー」や「君の瞳に恋してる」は誰でも一度は聞いたことがあるし、自然と体が動いてしまう曲なので終始飽きない。クリント・イーストウッドというだけで観たが最高だった。


sherry - YouTube


Can't Take My Eyes off You - Frankie Valli and The ...

 

物語のはじめは犯罪をする若者でしかない。だから最初はこの雰囲気でいくならちょっと違うかな なんて観ながら思っていた。でも、ボブが参加してから流れが変わった。階段をしっかりと登り始める。一筋縄ではいかないストーリーにどぎまぎするし失敗も勿論する。というか成功してた?笑

 

君の瞳に恋してるに関しては楽しく踊れる曲だと思っていたけど できた経緯が悲しいもので背景にドラマを知ることで曲を深く知ることが出来た。

厄介者のトミーを脱退させればいいのにと観ながら思っていた。でもそこでのフランキーの行動とか心の広さを感じるし、フィクションじゃないからこその感動がある。実際のお話を元にしているからこその流れや人の考え方に驚かされる。

 

インタビューのようにカメラ目線で現状を説明したり当時思っていたことを述べるのが、映画にしては珍しいというか面白い演出だと思った。エンドロールにはキャストが全員出演して歌って踊るのもミュージカルのようで締めがいい。元はミュージカルであるからそれのリスペクトなのだと思うが、それが最高の終わり方だった。観終わった後の気分は最高だし何度も音楽を聞き返したくなる。

 

明日、サウンドトラックを買って帰ろうと思う。

 

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/