読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』を観てきた。

映画

f:id:sorena:20150719183245j:plain

あらすじ

2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み……。(シネマトゥデイ)

 

感想

映画『ターミネーター:新起動』を観てきました。

 

新起動という事でいままでの軸を大事にしながらも、別の路線へと進んでいく。パロディの部分が多かったように感じるから、1と2くらいは見ておくといいかもしれない。若いシュワルツェネッガーもリアルだったしターミネーターなのに老けていていくのも面白かった。この二人のバトルはやはり盛り上がったし一番好きかもしれない。

 

J・K・シモンズとイ・ビョンホンという豪華なメンツもいて観ていてまったく飽きなかった。シモンズはセッションのイメージがついていたため一瞬違う人なのではないかと疑ったくらい。さすがアカデミー俳優。

 

ハチャメチャなアクションシーンを目的に見たので結果的には自分は満足でした。サラ・コナーとかカイル・リースが新しい役者でそれがすこし気になる人もいるみたいだが(一緒にみた友人が気にしてた)自分にはそこまで違和感はなかった。サラ・コナー役のエミリア・クラークはむしろ良かったと思う。最近みてるゲーム・オブ・スローンズにも出ているが迫力のあるし、サラ・コナーの心の強さみたいのは引き継がれていた気がした。

 

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/