読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ『64(ロクヨン)』を観ました。

ドラマ

f:id:sorena:20150522233731p:plain

 

あらすじ

D県警の広報室と記者クラブが、加害者の匿名問題で対立する中、時効の迫った重要未解決事件「64( ロクヨン)」の被害者遺族宅への警察庁長官視察が1週間後に決定した。 わずか7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた、D県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。 長官慰問を拒む遺族。当時の捜査員などロクヨン関係者に敷かれたかん口令。刑事部と警務部の鉄のカーテン。謎のメモ。 そして、長官視察直前に発生した新たな誘拐事件は、ロクヨンをそっくり模倣したものだった・・・。(公式HPより)

 

感想

録画していた『64(ロクヨン)』を一気見しました。

最高に面白かった!!原作は未読です。

 

たんたんと物語が進行していくので徐々に興奮していく。最初からの伏線がどんどん回収されていくのがものすごい。64年の事件を解決できずにいた刑事達の思い。雨宮の苦しみ。広報室と記者クラブとの関係。行方不明の三上の娘。刑事部と警務部のにらみ合い。全て中途半端に終わることがなかった。第一話から絡まっていく出来事がするするって解けるのは快感だった。

 

主演のピエール瀧さんをはじめ全ての方々の演技に圧倒された。音楽や映像が相まって緊張感がある。まるで実話かのような雰囲気。段田安則さん演じる雨宮の娘の名前を叫び続けるシーンや電話のベルの音。全てが印象に残った。このように話がラストに向けて広がっていくのは見ていてとてもおもしろい。一定のリズムで話は進んでいくが、ある意味スピード感があった。

 

見ていて思ったのが、細かい説明がほとんどない。でも原作を読んでいなくても見ていれば分かるだろ?ぐらいのスタイルで作られている。それが悪いかというとそんなことはなかった。どのシーンをとってもこだわりが感じることができるくらい完成度が高い。

 

映画版が来年に公開されるらしいが、多分自分は観ないと思う。NHKのドラマということでスポンサーなどに左右されることなくキャスティングされている。映画版が悪いというわけではないが、自分にとっての三上はピエール瀧さんだし、雨宮は段田安則さんだ。ちなみに一番好きなのは捜査一課長の松岡参事官。演じるのは柴田恭兵さん。このドラマではあんまり笑うシーンがでてこない。三上なんか常に眉間にシワがよっている。その中でも男気があって優しい一面を見せる参事官はとてもかっこよかった。

 

ネタバレし始めたら止まらなくなりそう。

DVD、BDは出るのだろうか。また観たい。周りの友人にも観てもらいたい。

では。

 

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/