読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ソロモンの偽証 前編・後編』を観ました。

映画

f:id:sorena:20150429003712j:plain

あらすじ

前編

クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止めようともせず、生徒たちをも守ろうとしない教師たちを見限り、一人の女子生徒が立ち上がる。彼女は学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。(シネマトゥデイ)

後編

被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。涼子は柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り……。(シネマトゥデイ)

 

感想

ソロモンの偽証 を観ました。

 

前編は事件が起きて謎が深まっていく。事件が起きたりしてワクワクが止まらない。BGMが少なくどの会話も聴き入ってしまい良い意味で息が詰まる。それぞれのキャラクターが濃く飽きないしものすごく人情がしっかり表れていた。前編では藤野さんと樹里ちゃんについての話が共感しやすい話だったから感情移入しやすかった。

 

後編は一気に裁判へと進んでいく。始まる前に前編のダイジェストがあるのはありがたかった。期間が空いてしまった分気持ちが離れていたけどこれで少しは戻ってこれた気がする。でも後編は正直言うとそこまでの驚きはなく終わった。ネタバレは避けるが、亡くなった柏木くんの気持ちやどういう思考で自殺へ向かっていったかがわかりにくい。多分見せ場であったであろう新たな事件の関係する人物も前編終えてから少し考えているとそこまでの衝撃がない。予告編で期待が煽られすぎたから実際の結末に驚かなかったというのもある。

 

正直言うと微妙だったし期待しただけの結果は得られなかった。でも、俳優や女優がはじめての演技だというので映画のリアリティがものすごく上がってて演技とは思えないほどだった。他の作品での印象が全くなく、他のキャラクターに引っ張られる先入観がなく観れたのが良かった。はじめて見る役者だからこそ全員を怪しいと思えた。

 

前編はとてもよかっただけに後編は残念だった。原作は未読だけどもっとそれぞれの物語がしっかりとある思うので今度暇があったら読もうと思います。

 

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/