読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観ました。

映画

f:id:sorena:20140914203606j:plain

あらすじ

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。(シネマトゥデイ)

 

感想

本日は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観ました。

地元では3D字幕がやっていなかったので3D吹き替えで。でも吹き替えでもそこまで違和感なかったのでよかったです。ビジュアルなどもそうだがスターウォーズにユーモアをプラスしたような印象だった。

 

今作はポスターにもある通りアベンジャーズシリーズのスタジオの最新作。他の作品と違って難しい話はなくシンプルなストーリーなので子どもと一緒にファミリーで楽しめる映画だと思う。出てくるキャラクターも個性はあるが癖がないのが良い。アベンジャーズにでてくるキャラクター達とは全然違うのがまた面白かった。

 

使われている音楽も素晴らしかった。70年代の曲を使われているのだがそれがまた良い味を出していた。サントラが欲しくなる。

 

宇宙全体が舞台なので肌の色が赤だったり緑だったりの色をしていたりする宇宙人がでてくるが全てのビジュアルが新鮮で良い。宇宙船のメカニカルなデザインがとてもかっこよかった。ノバ軍が小型機を連結させて大型戦艦を止めるシーンがあるのがとても印象的で戦略も個性的でおもしろかった。

 

アクションシーンも見所で主人公のクイルのように銃でバンバンしたり、グルートのように木の枝を伸ばして攻撃したり、ドラックスのように力任せに攻撃するなどアクションも多彩な動きを見せるので観ていて飽きない。

 

続編が作られるらしいが、次回は今回でも少し触れられていた主人公のピーターの父親の話になるんだろうと。でも最終的にはアベンジャーズシリーズとつながるらしいですがどのようになっていくのかが見どころなのかも。面白いことに映画の始まりが1988年でその後は26年後ってことで一応2014年の話なのでどこかで地球が舞台の話に向かっていくんだと思います。アベンジャーズに続きこれも楽しみになりました。

 

では。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:最強 Mix Vol. 1(オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:最強 Mix Vol. 1(オリジナル・モーションピクチャー・サウンドトラック)

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/