読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『LUCY/ルーシー』を観ました。

映画

f:id:sorena:20140829233559j:plain

あらすじ

マフィアの闇取引に巻き込まれたルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、特殊な薬が入った袋を体に埋め込まれ運び屋にされてしまう。しかし、体内で薬が漏れたことで彼女の脳機能は驚異的に覚醒。脳科学者ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が見守る中さまざまな能力が超人的に目覚める一方、少しずつ人間性が喪失し、自らを制御できなくなっていく。(シネマトゥデイ)

 

感想

本日は『LUCY/ルーシー』を観てきました。

 

CMなどで使われている「人間の脳は10%しか使われていない」の宣伝文句にやられました。SPECとかでも使われていたので。でも今作はSPECとは内容が全然違います。10%しか使われていない脳を100%まで使った場合どうなるのかの仮説を映画化した感じ。監督の厨二病が全開。

 

悪いものではないけど、詰め込み過ぎてる。カーアクションだったり超能力だったり銃撃戦だったり。悪くはないけど90分弱はやっぱり短かったし、後半はもう全く理解できない。でも、実際に何が起こるかわからないし決まったことを描かず奇抜な世界観を作り出せるのが映画なのでこれもありなのだろう。

 

スカーレット・ヨハンソンはやっぱりすごい。アクションも演技もずば抜けてたし。まぁ終盤になるにつれてアクションシーンも少なくなるけど。覚醒するにつれて感情がなくなっていく演技をするのだが、なくなるギリギリの感情がすごかった。自分の感情が消えていくことに気づくがまだ涙は流れる。そのシーンは圧巻だった。

 

見るだけで爽快な気分になれる映画ではあるし最後もいいところで締めているので変に疑問とか後腐れない。でも、細かい所がものすごく荒い。台湾なのに韓国語使ってたりとか。幅広い世界をみせたかったのはわかるけど意味のわからないシーンもそれだけ多かった。

 

大好物な人はとても楽しめるような内容だと思うけど、後半からいきなりヒートアップしていくので置いてけぼりを食らったら終わり。自分は大好きな部類の映画でしたが好き嫌いはすごく分かれると思います。

 

では。

 

/*目次 スムーズスクロール*/