読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『桐島、部活やめるってよ』

映画

f:id:sorena:20140823032305j:plain

あらすじ

とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部。それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に動揺が広がり始めていく。(シネマトゥデイ)

 

感想 

本日は『桐島、部活やめるってよ』を観ました。

 

学校内のカーストがわかりやすいくらいにわかれていて様々なキャラクターから同じ場面を見る。映画の中に登場する高校生がみんなリアリティがある。高校生にとって部活だったり勉強だったり恋愛だったりそれらだけが全ての世界が上手く描かれている。

 

劇中の中では「桐島」は出てこない。タイトルとかを聞いた時に神木隆之介が桐島なのだと思っていたが全く違った。桐島という部活も出来て男女共に人気のある男が部活を辞めることでいろいろな人の関係が揺れ動いていく話だった。これだけの説明だと全然伝わらないと思うので観て欲しい。

 

自分の中で一番リアルだったのは神木隆之介演じる前田と橋本愛演じるかすみとの距離感。前田は文化系の部活で、かすみは運動系の部活でカーストが違うのに二人が惹かれ合っているような見せ方がとてもよかった。ネタバレになるので詳しくは避けるがこの二人の距離感で観ている人を少し騙してくるのがまた憎かった。でもそこがよかった。

 

正直ポスターとかには神木隆之介が出ているが真の主人公は東出昌大の演じる菊池だと思う。一番誰よりも葛藤して悩んでいたと思う。映画内ではそれぞれのキャラクターが自分の感情を語ることは一切ないのだが、同じ場面をそれぞれのキャラクターの視点で見るので必然と誰が何を考えていてどのような立ち位置に属しているのかを自然と理解することができる。なので全員に感情移入することができるしバランスがとても取れてる。

 

特に前田と菊池の二人がキーマンになってきてクライマックスのシーンではこの二人が対峙した時の菊池の気持ちが自分にとっては涙腺が熱くなるほど伝わってきた。自分はこういうありふれた日常生活の学園の少し崩れている青春みたいのが大好物なのでお気に入りの映画になった。

 

ネタバレなしだと感想が言いづらいのでぜひ観て欲しいです。

 

では。

 

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/