読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『アルゴ』を観ました。

映画

f:id:sorena:20140721030155j:plain

 

あらすじ

1979年11月4日、テヘランイラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。(シネマトゥデイ)

 

感想

映画『アルゴ』を観ました。

 

「バレたら終わり」っていうわかりやすい危機感が序盤から続いていくのずっとドキドキしている。感情移入しすぎると本当に疲れてしまう。

 

多少のフィクションはあるだろうが実話を元にしてるからリアリティがあってそれがうまく表現できているから他の映画とは違うスリリングな映画になっている。

 

物語のあらすじを読めばわかるが、命を救う作戦なのに映画撮影クルーに扮して逃走するという本当に馬鹿げている作戦なので、実際に自分が取り残されたとしてこの作戦に乗っかるのかと考えた時に絶対こんな作戦には挑戦しないと思う。だが6人はこの作戦に乗っかる。これはこの作戦を発案した主人公のCIAの男性に全員が信頼をおける事ができ頼っても大丈夫という判断をくだせるところが重要なのだと思う。この主人公だからこの作戦を成功させることができたのだと思う。

 

映画になっているから作戦は成功するだろうという結果は大抵の人にはわかっているようなものなのでいかに途中の展開でドキドキさせるかがこういう映画は難しいポイントだと思うが、そこがいい感じにうまくなっていて中東などの残酷な拷問などのシーンと逃げている6人の追い詰められた会話などがリアリティがある。すべてにおいて無駄なシーンがなく間の空くシーンがないからよりドキドキハラハラが長く続き結果はわかっているのにも関わらず楽しめたのだと思う。

 

アメリカとイランの戦争になるかならないかのところを描いているので政治的な話とか死に対するメッセージ性とかの重い話は出てこないのも良かった。戦争をしらないゆとり世代なのでそういう話は少し苦手ではあるし……(笑)

 

少しネタバレにはなってしまうが、救出されたあとのシーンがまた良い。主人公の心の広さとかが現れているし本当にいい感じにエンディングを迎えられる。

 

気の抜くことのできない映画だけれでもドキドキハラハラでき尚且つ面白いのでオススメです。

 

では。

 

アルゴ [DVD]

アルゴ [DVD]

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/