読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『ツレがうつになりまして。』を観ました。

映画

ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]

あらすじ

仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、ある日突然、心因性うつ病だと診断される。結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子(宮崎あおい)は、妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫る。会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。(シネマトゥデイ)

 

感想

本日はツレがうつになりまして。を観ました。

やさしいけど切ないお話でした。

 

うつ病を題材にしている映画なので、それぞれが捉えることに差が開いてくると思う。うつ病は誰にでもかかる事のありうる「心の風邪」であるという表現がとても深く残っています。身近な人にうつ病の人がいる人ならばわかるだろう宮崎あおい演じる「てんさん」の強さがこの物語をラブストーリーへと変える一つのポイントだと思う。実際のうつ病心の風邪というくらいだからうつる事もあるのでてんさんの暖かさや心広さ、いい意味での許さがツレにいい影響を与えていたのだと感じました。

 

ラブストーリーなのでうつ病と向かい合う夫婦の関係が可愛らしく描かれていて、爽やかな夫婦愛なのでまったりゆったり鑑賞することが出来てとても雰囲気が良かったです。映画的にも退屈するようなゆったり感ではなくしっかりストーリーは進んでいきます。細かな所に存在する間がとても居心地をよくさせてくれてストーリーについて考える事の出来るいい時間になりました。

 

途中にある絵が動き出すような演出もなにかこう余韻に浸るような寂しさを感じたり、ツレがうつから変わっていく嬉しさを感じたりで良かったです。さいごにはほっこりとしますし最高です。この作品の宮崎あおいさんみたいな奥さんが欲しいですね。お互いがつらいときに助けあって寄り添いあって心温まりました。

 

会社をうつで退職するときの同僚だってり、電話で応答した際のお客様だったりうつ病だけではなく人とのつながりも細かく描かれていて少しわがままに思えた同僚も最後には愛おしく感じてしまうような演出が素敵です。

 

うつ病について触れたことのない人や身近な人がうつ病になったばかりの人そのような人々にとっては見方を変える良い作品だと思います。この作品だけでうつ病のすべてがわかるわけでもないですがたくさんの人に観てもらいたいです。

 

では。

 

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)

 

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/