読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『キャプテンアメリカ / ウィンター・ソルジャー』を観ました。

映画

f:id:sorena:20140502192030j:plain

あらすじ

アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)を世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)で……。(シネマトゥデイ)

 

感想

本日はキャプテンアメリカ / ウィンター・ソルジャーを観ました。

 

内容的にはアベンジャーズシリーズ全体に繋がってるお話でした。

いままでのシリーズを見てなくても楽しめる内容になってます。

でも、全部の作品を見てなくても2011年に公開しているキャプテンアメリカを見ていればさらに楽しめると思います。

 

今回の映画のキャッチコピーは「アベンジャーズ以外、全員敵。」このインパクトのあるキャッチコピーの通り次から次へと襲われ戦闘が起きます。

 

普通のヒーローと違いキャプテンアメリカは良い意味で超人であるだけなので、超能力だとかはなく素直にパンチキック、盾などのアクションが特徴でありそこが魅力的な部分で最高でした。

 

いままでのシリーズの中で一番アクションが派手でスピード感もありキレもあり見てて飽きません。

 

始まる直前に「エンディング後にも映像があります」との表示が!(それでも途中で出てく人はいましたが…)

エンディングの後に映像があるのはアベンジャーズシリーズをだと結構あるのでそこも次回予告として楽しみの一つなのですが、今回はエンディング→映像→エンディング→映像の2段構え!

 

二つ目の映像が真の次回予告でした。前作もそうだったのですがマイティーソー関連かな?。

 

来年にはアベンジャーズ2が公開されるので公開が待ち遠しいです。

 

では。

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/