読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長文が書けないのは社会のせいじゃね?

雑記

 

長文が書けない。

毎回ブログに自分の考えを書き逃げようとするんだけど、うまく途中でまとまらなくなってすべてを消すようなのが何回も続いてる。

 

これは文章能力とかの問題なのかなぁと前までは思ってたけど、

これは社会のせいなんじゃないか?!

 

ぁ、唐突な飛躍をしました。ごめんなさい。

 

でも、小保方さんの論文がコピペだらけだったのを正式に認めて理化学研究所が小保方さん1人のせいです!って会見してたけど、おかしな話ですよね。

会社は中間発表とかあったろうし他の研究者も目につけてるんだから気がつかないわけがないと思う。まぁそこらへんはよくわからないので言及はしませんが理化学研究所が1人の責任として押し付けてるのは本当に気に食わなかった。

 

でもさ、論文だってコピペしたくなりますよね。

自分にとっては英語の論文とアスキアートなんて同じようなもんですよ。

アスキアート使うときにみんなコピペするようなもんでしょ(適当)

 

大学生のレポートも基本はWikipediaを半分コピペして「自分は解釈できてます!」ってアピールする為みたいなところありますからね。先ほどの小保方さんの論文もそういうことなんじゃないですか。

 

他にも、Twitterやっていると140文字が長文に思えてくる現象が結構ありますよね。

大学生は課題で2000字とかありますけどすぐに「Twitterだったら15ツイートくらいじゃん!!!!11」とたとえ出す人もいますからね。

Twitterみたいに短文をつぶやくことに慣れすぎて、長文を書いていても途中で止まっちゃいますもん。授業中の小レポートの200字ですらが遠く思えることですらありますもん。

 

TwitterだけじゃなくLINEだったりも社会短文化に影響してるんじゃ。

メールの時は同じメールの中で何個も改行で区切って連絡とかしあっていましたよね。

3個も4個も違う会話してると結構集中力的なものを結構使った気がする。

チャットだとそこまで集中することなくシュッシュッと会話が出来ちゃうので集中とかまったく関係なくできるし。

 

短くまとめて伝えることも大切ですけど、長文で書きたいことを書けるのも結構必要かなと。

 

だから、僕が長文を書けないのは社会の流れなんだ(現実逃避)。

 

そういうば税率あがりましたね。

引きこもってたので実感がありません。

 

では。

/*目次 スムーズスクロール*/