読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『リアル・スティール』を観ました。

映画
リアル・スティール [DVD]

 

本日はリアル・スティールを観ました。

 

ものすごい興奮した。ものすごい感動した。

 

ヒュー・ジャックマンのダメな父親な感じがイライラするくらいだが、子役のダコタ・ゴヨの無邪気で自信家な感じがベストマッチ。

ダメな父親が父親らしくなっていくところでも感動できる。

 

ありきたりなストーリーだがその分わかりやすく応援したくなる。

パシフィック・リムのようなメカニカルな感じが好きな人は絶対楽しめる。

ロボットは機械なのに意思疎通できてるのではないかと思えるぐらい感情移入できます。

 

最終戦でダコタ・ゴヨが来ていた服に「ロボット」と書かれていたりと日本へのリスペクトみたいなのもある。こういうのって日本人としてちょっと嬉しい。

 

ロボット同士のバトルだけでももう一度みたい。そんな映画でした。

 

では。

 

 

/*目次 スムーズスクロール*/