読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中誰もが評論家気取り。

雑記

タイトルにも書いたけど最近、こういうことが言われることが多いように感じる。

 

時代はSNSが生活の一部に馴染んできててTwitterfacebookなど大抵の人は使ったことあるんじゃないだろうか。 Twitterなどで感想として書いたものが広まり共有されて自分で何も考えなくても他人の意見に同調してればなんとかなる社会になってきているし、そういうのが評論家気取りとよばれる方々の勢いに拍車をかけてるような気がする。自分もその一人だとは思うけれど、「この意見が正しい!」とかは思ってないし「あくまで一つの意見として…」っていう意味での発言である。 すべてが悪意のある意見ではない。ちゃんとした感想だし評論家気取ってるわけではない人も多い。なので一意見だという事をわかってほしい。

 

それと2chまとめブログの存在である。

コレが多分一番の問題。 2ch自体は電車男とかで知られて多少クリーンなイメージがついて2005年くらいから利用者は増えたろうけど、それでも読みたいってだけの人はまとめブログを利用する。

まとめブログリーダーとかあって通勤通学の時間にも簡単に見ることができて、軽くニュースに触れることができる。しかし所詮ブログで人がまとめてるものなので作為的な編集が行われたりしてるし、アクセス稼ぎのためのタイトル詐欺や捏造なども普通に行われている。 それをわかって読んでるならまだいいけど、そうじゃない中学生とか高校生とかも多いと思う。

 

自分が思うにまとめブログの最大の被害者は剛力彩芽である。それてK-POP

剛力彩芽だって下積み時代はあるし漫画の実写化以外の作品にも出てるが、ただヲタクが大好きな作品を実写化で汚されるのが嫌なんだろう。自分は原作読まないで実写化を見ることが多いのだが、それはそれで楽しめている。

 

毎回実写化するさいに「原作に合わせろ」とか「内容が食い違ってる」とかいうのもあるけど実写化はまた別の作品なんだ。漫画という紙媒体でしか表現できないこともあれば映像でしか表現できないこともあるし、そこで誤差とかが生まれるのはしょうがない。現にビブリア古書堂とかは普通に楽しく見れた。

ビブリア古書堂なんか妹が弟になってる!とか批判されてたりしたけど半沢直樹だって原作だと剣道なんてしてないし出てこないキャラだっているしそういう誤差は生まれつつも人気作品になってる。

なので実際は骨組みだけが同じな別の作品なのである。

公式だからパロディとかではないけれども(笑)。

 

だいぶ話がそれた。

 

評論家気取りしてブログ書くためにこのブログ作った自分からすれば「タイトル通り!」なのだがTwitterなどによるものは感想だしまとめブログなどで簡単に考えをコントロールされてるし、それを真に受けたくない人間の発言なのかなと。

まとめブログは自分も見るので多少は操作さてるところもありますけどね。

普通のニュースサイトと違ってソースが曖昧だったりしますからね。

 

今日のブログは評論家気取りってことよりまとめブログのことになってしまった。

とりあえず書きたいことは書きましたった。

評論家気取るために文章多少かんがえたけど無理だということがわかりました まる

 

へぃ

/*目次 スムーズスクロール*/